• 2011.08.12

青森ねぶた祭

img_0429北海道へ帰省中、8月2日の祭の初日めがけて、青森のねぶた祭へ行ってきました。
本来は、大型ねぶたがでる祭終盤のほうがより盛り上がりよいとのことだったけど、5歳と3歳のこどもを連れての祭りなので、なるべくなら、少しでも人が少ないにこしたことはなしとのことで、こどもねぶたの多い初日となりました。

実家のある北海道木古内町は、津軽海峡をはさんで青森と対面しており、海底トンネルを通っての電車の運行もされていて、本州からくると北海道に入り最初の駅ということもあり、青森へいくにも約1時間10分でいけるのです。
というわけで、この日は日帰り、木古内を16:31分発の白鳥40号にて青森へ。17:45分に青森着。そのまま、ねぶたが運行されるルートの散策、場所取りへと向かいました。ちょうど、さくら野青森店の角の交差点のところが人が少なくみやすそうだったので、そこに陣取り時間になるまで待ちました。18:45分ごろ通行止めの規制がはいり鑑賞場所が提供されたところをみはからってスペース確保!!前から2列目、いい場所とれました。

ねぶたの運行は花火の合図とともに、19:10からスタート。大型ねぶたは、さすがみごたえ十分、ラッセラーのかけごえ、おはやしともにこころの深いところの熱い情熱をよびさましてくれるものとなりました。

 帰りは限定列車「ねぶたエクスプレス号」にて21:50青森発→木古内23:01着の便で帰ってきました。

短時間ではありましたが、密度の濃い小旅行となり、こどもたちにとってもいい夏の思い出ができたかと・・・。

ともに「がんばろう!東北」のたれまくに、同じ北育ちの人間として、思うところ多々ありました。

↑UP